タブレットヘッドフォンをきれいにする方法:最良のオプション

きれいなタブレットイヤホン

私たちのデバイスとその付属品は、いくつかのメンテナンスが必要です。 ソフトウェアや操作の面でそれらを良好な状態に保つだけでなく、 だけでなく、クリーニングなどの側面 それらは重要なものです。 これは、ヘッドホンなどのアクセサリにも当てはまります。 タブレットのヘッドホンを掃除する方法を知ることは不可欠です。

したがって、これについては以下で説明します。 いくつかの形式または方法を示します きれいなタブレットイヤホン、 常に最良の状態になるようにします。 これは、たとえば毎日など、これらのヘッドホンが頻繁に使用される場合に特に重要です。

ブラシ

ヘッドホンクリーニングブラシ

外部から清掃する場合 柔らかい毛ブラシ この点で非常に効果的であるため、検討するのに最適なオプションです。 歯ブラシも有効ですが、この場合、硬いものではなく、通常のタイプを使用する必要があります。 したがって、この説明に適合するものがあれば、問題なく使用できます。 ブラシは通常、ワックスと粒子をより効率的に除去します。これらの場合、通常、力を加える必要はありません。

やさしく使わなければなりません。 より多くの汚れがある地域で。 必要に応じて、ブラシに少量のイソプロピルアルコールを染み込ませることができます。この意味で、量に注意してください。 必要に応じて小さな容器を使用してブラシを濡らし、各イヤピースの外側の領域に通すのが最善です。 掃除が終わったら、また使えるようになるまでしばらく乾かしておく必要があります。 柔らかく、糸くずの出ない布で乾かすことができます。

イヤフォン

耳綿棒はイヤホンタブレットをきれいにします

タブレットのイヤホンを掃除するために使用できる別の製品 サトウキビです。 綿はワックスやほこりをすばやく閉じ込める傾向があるため、このような状況では適しています。 このサトウキビが乾燥している場合、その汚れを取り除くのに通常より少し高い費用がかかります。 このため、通常は少量のイソプロピルアルコールを使用するのが最善です。そうです、常に少量です。 これにより、プロセスが簡単になります。

この綿棒は非常に小さいものなので、 私たちはすべての領域をきれいにすることができます、最も難しいものを含めて、より簡単な方法で。 ですから、この点で私たちが確実に利用できるものです。 たとえば、このタブレットのヘッドフォンジャックを掃除するためにも使用できます。 また、これらの綿棒は安価なものであり、ほとんどの人が家に持っていることを忘れないでください。

イヤースティックで携帯電話を掃除するには、 最初に最も内側の部分から開始することをお勧めします 外側に向かって移動します。 理想的には、この杖に柔らかい毛のブラシを添えます。これは、はるかに効果的なクリーニングに貢献するためです。 これは、このスティックがすべての汚れを取り除くわけではないためです。たとえば、最初にブラシを通過させてから、スティックを通過させることをお勧めします。

ブルータック

Blu-Tackは、Blutackとも呼ばれ、多くの人がおそらく知らないオプションですが、タブレットのヘッドホンを掃除する場合に便利です。 ご存知のように 再利用可能な粘着パテです。 アイデアは、これらのヘッドホン、特に輪ゴムを効果的な方法でクリーニングするために使用するだけでなく、常に本当にシンプルなものにすることです。

Blutackを使用することで、このパテに汚れが付着します。 ほこりなどの汚れが付着しているので、そういう意味でかなりの量の汚れをヘッドホンから取り除きます。 また、このパテはゴムにくっつくので、イヤホンのゴムはいつでも掃除や取り外しができるようにしています。これは、ユーザーがこれを行うときにも求めていることです。

また このシステムを他のシステムと組み合わせるのが最善です。 そのため、Bluetackを使用した後、たとえば耳用のウェットブラシやスティック、または必要に応じて布を渡すことができます。 このように、さまざまな方法を組み合わせることで、より良い洗浄が得られます。それぞれの方法には、洗浄方法の点で独自の特性があります。

柔らかい布

マイクロファイバークロス

これらの場合に見逃してはならないもうXNUMXつのオプションは、柔らかい布です。。 タブレットのヘッドホンを掃除するときは、通常、柔らかい布が非常に便利です。 少なくとも、それらの中にある最も目に見えるまたは外部の汚れを取り除くことができるので。 最初の方法として使用できるので、最初からやり直したい場合に最適です。 あなたがしなければならないことは、イソプロピルアルコールで軽く言った布を湿らせることです。 これは、一方の端だけで実行できることです。たとえば、十分すぎるほどです。

次に、これらのヘッドホンを拭くだけです。 使用する場合は、 糸くずの出ない布を使用してください。、ヘッドホンを掃除したいので、リントを入れないようにします。 布にはさまざまな種類がありますが、柔らかくて糸くずが出ないので、マイクロファイバーの布が最適です。 したがって、XNUMXつを使用しますが、最初はきれいなものを使用することを忘れないでください。通常のものは通常、これらのヘッドフォンで問題を引き起こす可能性のある髪を残します。

この布は柔らかくする必要があり、ヘッドセットの内部だけでなく、ヘッドセットに到達した場合に、ヘッドセットの外部を傷つけないようにする必要があるため、粗くも硬くもなりません。 柔らかい布は通常、ワックスの多くを取り除きますが、すべてではありません。 このため、どのような場合でもクリーニングが完了するように、ブラシまたは杖を添える必要があります。

箱を掃除する

多くのヘッドホン、特にワイヤレスヘッドホン、 専用の箱またはケースが付属しています、それらの充電ケースとして機能します。 その箱も掃除しなければならない時があります。 これらのタイプのケースやボックスは通常、ダストモートを生成するため、長期的にはヘッドホンを汚してしまいます。 したがって、これが起こらないように、またはこの点で問題を回避するために、それらをきれいにすることが最善です。 ここでは、ヘッドホンもきれいになるように、できるだけきれいにするために少量のアルコールを含むきれいな布を使用する必要があります。

多くのブランドは、柔らかい布を通すことを推奨しています。、ヘッドホンとケースの両方がきれいになるように。 汚れやバクテリアなどが除去されます。 さらに、特別なワイプも市場に出回っています。これは、ケースとヘッドホンの両方を掃除したいときに役立ちます。 これらは通常より高価ですが、良い結果が得られることがわかっているオプションです。 したがって、このタイプのワイプにそのお金を払いたくないユーザーがいるかもしれません。

タイヤを掃除する

耳のヒント

ゴム保護を使用する多くのヘッドフォンが市場に出回っています。 これらのゴムは、時間の経過とともに多くの汚れを拾う傾向があるものです。 したがって、ヘッドホンを複数持っている場合は、それぞれを清潔に保つことをお勧めします。 通常、ヘッドセットから簡単に取り外すことができるため、ワックス、ほこり、粒子を取り除くことができます。 このためには、少量の水で石鹸を使用して、ゴムをすすぐことができます。

小さなボウルまたは容器に入れます 水と中性石鹸のXNUMXつの輪ゴム (これを考慮に入れることが重要です。使用しているのが中性石鹸であることを確認してください)。 次に、糸くずを出さない柔らかい布を使用して、それぞれを乾かす必要があります。 これが完了したら、それらを再び使用し始める前に、それらを数時間乾燥させることをお勧めします。 これは、ヘッドホン内に液体が入る可能性があるためです。しばらく経っても水分が残っている可能性があるためです。

それらが完全に乾いたら、 これらのゴムは通常使用できます。 どんな種類の湿度もヘッドホンの動作に影響を与えることをすでに知っているので、それらが本当に乾燥していることが重要です。 そのため、残りが完全に消えるように、数時間乾燥させることをお勧めします。 ラバーバンドは通常、市場に出回っているいくつかのヘッドホンに付属していますが、すべてのブランドまたはモデルに常に存在するとは限りません。 あなたがこのゴムを持っているヘッドホンを持っているならば、これはそれらをきれいにする最良の方法です。 複雑ではなく、それほど時間もかかりませんが、これらの場合、乾燥がこれらのゴムで本当に重要なことです。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。

*

*

  1. データの責任者:Actualidadブログ
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。